ロゴマーク変更の注意点とお知らせの大切さ

ロゴ1

ロゴマークは企業にとっての顔ともなる大切な部分です。そのような部分をお知らせもなくいきなり変更したら、消費者を困らせるかもしれません。そこでロゴマークの変更を考えているなら、変更するときのポイントやお知らせの大切さを考えていきましょう。

変更がマイナスの結果にならないように、必要な情報を集めたうえで変更することが大切です。

ロゴマークの変更は失敗のリスクもある

長く使ってきたロゴマークは、会社の顔でもある大切な要素です。そのロゴマークを見ることで、特定の会社やサービスが思い浮かぶロゴマークは、変更すると会社のイメージが変わります。多くの人が慣れ親しんだものほど、変更後に消費者に受け入れられず失敗に終わるケースも見られます。

実際に変更したものの、新しいロゴマークが消費者に受け入れられなければ、大きな損失に繋がる可能性もあります。しかし変更後にうまく時代の流れに乗れれば、業績アップにつなげることも可能です。ロゴマーク変更のリスクとメリットを考えながら、どのような対応がベストか考えていきましょう。

なぜロゴマークを変更したいのか

そもそも企業や会社がロゴマークを変更したいと考えるのには、どのような状況があげられるのでしょうか。変更の理由として多いのが、時代に合わないというものです。ほかにも知名度の低さや会社の方針が変更されたことでロゴマークをリニューアルしたいと考えるケースも見られます。

例えば時代に合わないロゴマークを使っている場合、企業が時代遅れというイメージを持たれる可能性もあります。ロゴマークの変更には、企業のイメージを良い方向に変えるチャンスがあるという点を押さえておきましょう。

失敗を防ぐためによく考えること

人々に愛されているロゴマークほど、変更に伴うリスクは大きくなります。大企業の中には、ロゴマークを変更したときに、消費者からSNSで多くのクレームが寄せられたものもあります。そのような失敗の結果を防ぐためにも、ロゴマークを変更する際にはどのような点に注意したらいいのか把握しておきましょう。

また変更するときには、しっかりとお知らせをして消費者の反応を見ることも大切です。消費者からのイメージが悪くならないように気をつけることが、ロゴマークの変更で一番大切なポイントです。

変更後の使い方を考えよう

ロゴマークの変更を検討する際に大切なポイントの1つが、変更後にどのような使い方を想定しているのかという点です。今までのロゴマークと同じ使い方しかしないのであれば、変更のメリットは少なくなる可能性があります。

しかし新たな場所での使用を想定しているのであれば、新たな場面でより良い使い方ができるロゴマークを検討することが大切です。具体的な使い方がわかっている場合、ロゴマークの制作を依頼するデザイナーに用途を伝えることを忘れないようにしましょう。

変更の意図が伝わるロゴマークにしよう

ロゴマークの変更時には、デザイナーに新たなロゴマークの制作を依頼するケースが多くなっています。制作を依頼するときに一番大切なポイントとなるのが、変更の意図を伝えることです。意図が伝わらずにイメージ通りのロゴマークが完成しないと、何度も修正を依頼するなど完成までに時間と手間がかかります。

スムーズに変更の意図をくみ取ったロゴマークを完成させるためにも、デザイナーにどのような目的でロゴマークを変更するのかしっかりと伝えましょう。

変更後にはお知らせが大切

ロゴマークを変更するときに注意が必要な点の1つが、変更後の周知に関する部分です。お知らせもなくいきなりロゴマークを変更してしまうと、消費者が戸惑ってしまうこともあります。そのため変更を考えているときには、事前に変更の予定があることをお知らせしておきましょう。

そして変更後にも変わった点を説明して、消費者に納得してもらえる形で、新たなロゴマークを活用できるようにしましょう。

どのようにデザインを変えるのか

実際にロゴマークのデザインを変更する際に問題となるのが、どのような形で変更させるのかという点です。デザインの変更の仕方には、一部を変えるパターンもあれば、全体的に変更するという方法もあります。一部分だけリニューアルする場合、今までのロゴマークとイメージが近いので消費者が受け入れやすくなります。

一方で全体的にリニューアルするのは、イメージを一新させたいという場合に適した選択肢です。新しいロゴマークが受け入れられるか心配という場合もあるでしょう。そのような場合は、一気に変更するのではなく、時間をかけて少しずつ新たなロゴマークへと変更していくという選択肢もあります。

新たなロゴマークを浸透させる

新しくロゴマークが生まれ変わった場合、どのように社会へ浸透させるかが大きなポイントになります。特に今までのロゴマークの印象が強い場合、変更したロゴマークが社会に受け入れてもらうのが難しい場合もあります。

スムーズに社会へ新たなロゴマークを浸透させるために、お知らせ以外にも必要な対策を考えましょう。例えば新しいロゴマークでノベルティグッズの作成、SNSの活用などの方法で、多くの人に新しいロゴマークを知ってもらう機会を作れます。

多くの人に知ってもらって知名度を高めることで、新たなロゴマークが受け入れられやすい環境を整えることにつながります。

実例を参考に考えることも大切

ロゴマークの変更で失敗しないために、実際にロゴマークを変更した企業の成功例や失敗例を確認しましょう。成功例からは、ロゴマークを変更したことでどのようなメリットが得られるのか学べます。また失敗例からは、ロゴマークの変更で失敗しないために注意するべき点を確認しましょう。

同じような形で失敗しないために、変更時にどのような対応が必要になるのか確認しておくことも大切です。

古いロゴも大切にすること

ロゴ8

ロゴマークを変更した後、今までのロゴマークに愛着を持っていたユーザーの気持ちが離れてしまうかもしれません。既存のユーザーの気持ちが離れないように、古いロゴマークも大切にする姿勢を見せることが大切です。また古いロゴマークを大切にすることは、企業の歴史そのものを大事に扱うことでもあります。

企業の歴史を大切にしながら、変更後のロゴマークとともに新たな時代を作っていきましょう。

ロゴマークの変更で新たなスタートを切ろう

ロゴマークの変更によって、企業の認知度を高めて業績アップにつなげられる可能性があります。しかし変更のお知らせが不十分だと、既存のユーザーから反発を買う、新しいロゴマークが浸透しないなどの注意点もあげられます。

変更に伴う注意点やお知らせの大切さを確認しながら、新たなロゴマークとともに企業の魅力をアピールしていけるようにしましょう。